スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

気分に合わせてプレイリストを届けてくれる音楽アプリ SoundR - Feel your Music

自分で曲を検索しなくても、気分でジャンルさえ選べば、プレイリストをコーディネートしてくれる。あなたの感情に寄り添い、新しい曲との出会いをもたらしてくれるアプリ「SoundR」をご紹介します。

SoundR - Feel your Music
カテゴリ: ミュージック, ライフスタイル




まず最初にFacebookとの連携をススメられます。
連携しなくても使えますが、その場合は自分のアイコンが表示されません。




次に、色んなジャンルのバブルが押し寄せてきます。
気分でどれかを選び、右上のチェックボタンをタップすると、プレイリストが自動再生されます。ジャンルは一度に複数選べますし、気に入らなければ変更もできます。




選んだバブルのハートマークをタップすると、プレイリストをお気に入り登録できます。




SoundRは無料アプリながら、広告は一切表示されませんし、曲も全て無料で聴けます。

ストレスフリーの音楽アプリで、色んな曲との出会いを楽しんでください!


最近の投稿

【プチ評】たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術(コクヨ株式会社)

これまでの人生で、コクヨのノートを使ったことがない。
およそ日本に住んでいて、こういう方に出会うのは天文学的な確率でしょう。

日本一ノートを売るコクヨ株式会社。
その販売数はなんと年間1億冊にも上るそうです。

本書はコクヨ社員の100通りのノートを公開し、結果を出すためのノート術、もしくはそのヒントを生のページで見せています。


ノートのトリセツはどこにある 当たり前ですが、すべての家電製品には取扱説明書があります。
使用目的を果たし、効果を得るためには取扱説明書のとおりに使う必要があります。さもなければ、故障やトラブルの原因になりかねません。

一方、ノートにメーカートリセツなど存在しません。
何のために、どう使うかは全くユーザーの裁量の範囲です。
言い換えればユーザーの数だけルールがあり、ユーザートリセツが生み出されるはずです。

しかし自由ゆえに使い方が定まらず、目的が果たせない場合もあります。

本書はこうした問題にも応えており、メーカーの顔と試行錯誤するユーザーの顔を併わせ持つ社員のノートに光を当て、他のノート術本とは違う臨場感を漂わせています。


着るものを選ぶようにノートを選ぶ 決してその日の気分でノートを選ぶということではありません。
本書では使用目的に応じて、方眼、横罫、無地ノートに使い分けることを意味します。

例えば図解記録や論理的に思考をまとめる場合は方眼ノート、情報のストックは横罫ノート、アイデア出しなど発想力を高めるなら無地ノートといった具合です。

方眼ノートだけで50通りの使い方があるのですが、かの「測量野帳」が2割近い登場率を占め、コクヨ社員にも人気であることがわかります。
無地ノートではイメージ図やふせんの使用が一気に増え、あたかもノート上でブレストしているかのようです。

ますます用途が広がる測量野帳|商品情報|コクヨ ステーショナリー www.kokuyo-st.co.jp
本書に登場するノートの商品名記載は100%ではありません。価格にいたっては記載なしです。さらには、まさかの他メーカー商品、モレスキンとニーシモネまで登場します。これは本当に予想外でした。

こうした点からも、商品自体ではなく、ノートの使用方法と行動に重きを置いていることが鮮明にわかります。


ユーザーと歩みを共にするノートづくり ノートで有名なコクヨの社員さんって、どんなノートの使…

美しさと癒しでiPhoneの顔が変わる!壁紙アプリ『Vellum』

もう数年来 iPhoneを使っていながら、実は壁紙を変えたことがありません。これまでたったの一度もです。「これ」という素材がなかったのも事実ですが、ここへきて一つのアプリに巡り会いました。

Vellum - Artistic Wallpapers and Backgrounds
カテゴリ: エンターテインメント, ライフスタイル


Vellumの壁紙は9つのジャンルに分類されています。
各ジャンルにはたくさんの素材が格納され、フォトギャラリーとして見るだけでも十分楽しめます。




使い方はいたって簡単です。
今回、僕は「STARTER PACK」から壁紙を選んで設定しました。




右下のボタンで、ロック画面とホーム画面イメージが確認できます。




ロック画面イメージはこのような感じ。




左下のぼかしボタンをタップし、スライダーでぼかしの程度を変えられます。




この壁紙でよければダウンロードし、iPhoneの設定画面で壁紙を指定します。




また、iPhoneに設定した壁紙をApple Watchのデフォルトアルバムと同期させ、同じ壁紙にすることも可能です。




海外デザイン特有の雰囲気に満ち溢れ、その美しさは圧巻です。
強い色使いの壁紙もありますが、決して尖がることなく、全体の印象はむしろ癒し系です。

壁紙をお探しの方は、ぜひ一度試してみてください!

【プチ評】問題解決で面白いほど仕事がはかどる本(横田尚哉)

「なかなか進まないが、問題解決しなければならない」
「いくつか手を打ってきたが、解決には至らない」

ビジネスの現場で起こるこうした声。
ともすれば、未来永劫続くのかもしれません。

その原因を示す、ある偉人の言葉が横田尚哉さんの最初の著書に紹介されています。
いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできない(アルバート・アインシュタイン)

問題解決のコンサルタントとして、30年以上クライアントの問題を解決してきた横田さん。多くのビジネスパーソンや企業そのものが、うまく解決できない理由を2つ挙げています。

問題の種類、解決のメカニズムを正しく知らない思考を助ける道具を十分に使いこなしていない
本書は、こうした問題解決をする側自身が抱える問題に、正しい知識と理論、解決スキルを示すものになっています。

本書の問題解決の手法は、1947年に開発されたファンクショナル・アプローチがベース。思考原理は次のとおりです。
すべてのモノ(現物)やコト(現象)には、必ずファンクション(機能、役割、効用、意図など)がある。問題となっているモノ・コトの「カタチ」から離れ、本質となる「ファンクション」を足がかりに思考する。ファンクションを捉えるとき、「これは誰のため、何のため」を繰り返し、答えが出ないところに問題と解決ポイントが存在する
ファンクショナル・アプローチの原理については、横田さんの過去の著書で詳しく解説されています。本書では原理を簡潔にまとめ、解決スキルにフォーカスしています。



問題解決を面白くする未来思考 問題発見後に「分析」「創造」「洗練」の3ステップを踏むのですが、分析まではファンクショナル・アプローチの思考原理によるものです。

面白さが顔を覗かせるのは「創造」の段階。
原因追求と過去の事例分析から仮説検証法で解決しようとせず、解決策をイチから創り仕上げる段階です。

ある意味、その企業の慣習や思考メソッドを上書きするかもしれません。
しかし根本的な問題解決に至らない理由が、冒頭に述べたアイン・シュタインの言葉にあるとするならば、取るべき選択肢はおのずと決まるはずです。

ここではヒラメキを人為的に起こりやすくする方法や、アイデア発想法を活用することなどが挙げられています。

面白いことに、このヒラメキやアイデア発想については、28年前に読んだジェームス・W…

モレスキンのページに書き損じはない、どれも小さなストーリーである

おととしの12月、渋谷ロフトのモレスキンイベントに行ったときのことです。


モレスキン イベントレポート「あなたの人生の物語を創る手帳」に参加しました! 去る12月6日、渋谷ロフトで開催されたモレスキンイベントに参加しました。 渋谷ロフト1階では、12/27まで期間限定ポップストア「モレスキンギャレリア」がオープンしており、週末にさまざまなイベントが行われています。 期間限定!ロフト渋谷にモレスキンメガストアがOP... minny67.blogspot.jp
1階に開設されたポップストア「モレスキンギャレリア」で、モレスキンのモノグラムスタンプを押しました。

そのときはうまく押せず、右端が尻切れになり、「あーあ」と思っていました。


去年の12月に再びそのページを見たとき、カスタマイズしようと思い着色したところ、収まりがついて心も落ち着いたのです(笑)




他人が見れば、ただのスタンプを押したページでしかありません。
しかし僕とっては、この1ページに1年間の時間が流れているのです。

たわいもないストーリーですが、「モレスキンのページに書き損じはない」という持論を改めて実感しました。

どんなページであっても、心の動きをちゃんと捕まえていてくれる。 モレスキンとは、そういうノートブックなのです。

My Christmas Sketching Ideas 2016

今年は本当にスケッチを描かなかったのですが、クリスマスだけはそうもいきません。その年だけのクリスマスデザインを見つけ、モレスキンに飾ることは、僕にとってどうしようもない欲求になっているようです。


今年も街で見たクリスマスオーナメントから、特に惹かれたものをスケッチしました。

たとえモミの木の姿をしていなくとも、それを感じさせるツリーデザイン。
アケビのつるでリングになった3色の松ぼっくり。ノイバラの実。

すべて違う場所で見たのですが、これらを組み合わせて描いています。



実はこの組み合わせ、おぼろげながら既にイメージをもっていました。

以前「夢100リスト」を作ったとき、行きたい場所にフランスのアルザス地方、コルマールのクリスマスマーケットを挙げていました。

動画でご紹介しますが、ラスト直前に出るメリーゴランドの印象がずっと残っていたのです。



その印象から、すぐにクリスマス・メリーゴーランドのスケッチアイデアが浮かびました。久々にスケッチを描いたのに、とても楽しくあっという間に完成したのです。


この先、世界のどのクリスマスも楽しく平和な時間に包まれていてほしい。

そんな願いを込め、これからもモレスキンにクリスマスを描いていこうと思います。

奥野宣之さん講演会「もっと使える図書館」に参加しました

本館、分室などを含め、きっとどこの街にもある図書館。

全国の図書館設置数は2015年集計で3261館を数え、ほぼ全市(99%)が図書館を設置しているそうです。

それほど身近な存在の図書館ですが、利用者の大半がごく限られた使い方に留まるのが実情のようです。今回は今年3月に『図書館「超」活用術』を出版された奥野宣之さんの講演会に参加し、図書館の活用方法を伺いました。


なぜいま図書館なのか 図書館利用についてのイメージはいくつか挙げられると思います。
中でも多いのが、ネットですぐ情報が得られるのに図書館に行って調べる必要はないというもの。

しかし「ネットですぐ得られる情報」には、調べる内容が「答えのある問題」という条件が予め付いています。例えば次の問題のように。

建築家になるにはどんな資格が必要?
これに対し、自分がどんな仕事に向いているかなど「答えのない問題」は別です。ひとりひとりの答が違うため、独自に情報収集して自分なりの答を導き出すしかありません。これを可能にするのが肥沃な専門情報を所蔵する図書館というわけです。


これだけは覚えておきたい3つの基礎知識 『図書館「超」活用術』で様々なテクニックを披露している奥野さんから、「これだけは知ってほしい」を3つご紹介いただきました。

NDC(日本十進分類法)
 図書館の全資料を10のカテゴリに分類して並べる分類記号は全国共通
 2、3個覚えておけば本を探す手間がかなり省ける

レファレンス
 図書館の司書による資料探索、調査相談、文献案内のこと
 レファレンスサービスは資料探しの時間を節約してくれる

図書館ネットワーク
 あらゆる図書館はつながっており、資料を融通しあっている
 見たい本が置いてなかった場合、別の図書館から取り寄せてもらえる

図書館利用の取っ掛かりである資料探し。この3つをおさえれば、自分だけの答を導くための探索・調査効率が大幅に向上します。


図書館活用術の基本と応用、そして記録術 自ら司書資格を取得し、図書館の機能を熟知する奥野さん。
資料探索ひとつを取っても、効率化をゴールにしているわけでなく、発想の広がりをもたらす工夫が施されています。

例えば、基本手法の組み合わせによる応用。
基本手法が「興味のある棚の前に立ち、じっくり見て本を探す(棚見)」と「図書館設置の検索端末(OPAC)で本を探す」だとします。

あくまで順…