スキップしてメイン コンテンツに移動

モレスキン イベントレポート「あなたの人生の物語を創る手帳」に参加しました!

去る12月6日、渋谷ロフトで開催されたモレスキンイベントに参加しました。渋谷ロフト1階では、12/27まで期間限定ポップストア「モレスキンギャレリア」がオープンしており、週末に様々なイベントが行われています。

日本で一番モレスキンを取り揃えた『モレスキン メガストア』を、11月25日(水)から12月27日(日)までの期間限定で、ロフト渋谷店1階にオープン致します。モレスキンらしいミニマムデザインの店内には、日本初上陸の商品が多数並びます。
www.moleskine.co.jp


ストアでは箔押しによる名入れサービスが行われ、僕もスケッチ用モレスキンに"MINNY" を入れていただきました。





今回はポップストアのオープン記念イベントで、トークイベントとワークショップの2部構成になっていました。

minnyさん(@minny67)が投稿した写真 -




第1部 トークイベント「あなたの人生の物語を創る手帳」

第1部は「モレ本2 モレスキン人生を入れる61の使い方」の著者のみなさんが一堂に会するトークイベントです。

ここでは「モレスキンを使うテクニック」というテーマは出てきません。

著者のみなさんに「最近何を書いていたか」をご紹介いただき、モレスキンとの向き合い方を発見するひとときになりました。


高谷宏記さん @blanq
高谷さんにとってモレスキンは人生を繋ぎ止める「遊び」であり、人生を変えるかもしれない「旅」そのもの。

まずもって、ノートブックの本質は遊び心にあると言って、モレスキンに保冷剤つけてビール冷やしたり、焼き鳥挟んだりして遊ぶ人を僕は初めて見ました。初対面の方にとってはすごいアイスブレイクです(笑)

画像は保冷剤付きモレスキンでビールを冷やしているところ。
高谷さんは奥で喋っていらして、僕の場所から見えづらかったのでごめんなさい!



高谷さんは誰かとの会話も含め、気になったことや体験したことは心の片隅でなくモレスキンに繋ぎ止めると言います。
そうしなければ、人生の物語はあっという間に流れ去ってしまうとも。

バーで酔いながら教わった地図の降り方や尺八の音階、趣味の野外生活で起こった出来事など、様々なものがそこにはありました。

今、自分が何をして真剣に遊んでいるかをモレスキンに記していく。
やがてモレスキンは1冊の物語となり、その後の人生に再び舞い戻る。
時には人生を変えることさえある。

(モレスキンを)使っているあなたが面白いから、面白い物語ができるんだよ。

人生とモレスキンをフリースタイルで楽しむ高谷さん。
その言葉が心に響きました。



中牟田洋子さん @YOKOnotes
YOKOさんからは2冊のモレスキンをご紹介いただきました。



1冊はイギリスで大学生時代に使っていたリサーチ・ノートです。

当時、貧困問題やフェアトレードについて研究していたYOKOさん。
様々な文献を読み、内容のサマリーとともに、理不尽さに対する憤りなどの感情まで記されていました。

もう1冊は大学の研究論文の完成後に向かった「芸術巡りの旅」ノートです。
アートが好きなYOKOさんは、ニューヨークを皮切りにヨーロッパ各地を旅歩き、印象深いアート作品や風景写真などをモレスキンに収めていました。

このノートの魅力は、偶然見たものを逃さず記録していることです。

例えばヴェネチアの国際アートの祭典で撮った写真と記録。

ロシアのブーススタッフが、食べたピーナッツの殻を2階から捨て続け、1階に降り積もった殻の山をお客さんがじっと眺めている。
こんな写真がモレスキンにあると面白くで仕方ありません(笑)

旅の計画は予想で作れますが、現地で起こることは予想できません。
事前に得られる情報以外の、その瞬間にしか出会えない物語を見事に切り取っていたのです。

最後に、YOKOさんは「モレスキンノートブックの在り方」をこう話してくださいました。
なにかを探しているノート(創造性を追求している)
なにかを表現しているノート(芸術性を追求している)

僕は自分実験のつもりでモレスキンにスケッチを描いていますが、そういう意味では芸術性の追求になっていたのかもしれません。



堀 正岳さん @mehori
堀さんからは、モレスキンに記した46日間の北極観測航海の記録をご紹介いただきました。



航海中、モレスキンに観測結果を記録する日々が続いた堀さん。
毎日データのみを記録していると、非凡なことさえ平凡に感じるほど感覚が単調になったと言います。

堀さんはこの状況を打破すべく、「誰が読むわけでもないけれど、自分にしか作れないノート」を作ることにしました。

記録写真の周りに落書きをしてみたり、ネガティブな内容であっても自分の精神状態を書き連ねることを続けたのです。

今は北極にいてもグーグルでウィキペディアの完璧な情報が得られます。
しかし堀さんには、完璧な情報よりも「自分にとって意味と興味のある情報」を得ることのほうが大切で、結果的にウィキペディアよりいいものになったとのこと。

また、堀さんから一つだけテクニック紹介がありました。
撮った写真をその場で写真シールなどに印刷するため、旅先にはいつも小型スキャナを携行するそうです。


あとは「ScanSnap Cloud」に写真データを保存すればどこでも印刷できるので、旅先での時間の使い方が劇的に変わるとのことでした。

PFUイメージスキャナScanSnapとクラウドサービスを、コンピュータやタブレット、スマートフォンを使わずに、直接つなげるサービス「ScanSnap Cloud」のご紹介ページです。クラウドサービス連携はイメージスキャナ世界シェアNo.1のPFUにお任せください。
www.pfu.fujitsu.com



第1部を終えて

モレスキンとの向き合い方について、みなさんのモレスキンから感じ取ったこと。

それは「自分にとって意味のあるものを綴ること」「自分がわかればいいノートにすること」の2つに尽きます。

そして書き方や使い方、ツールなどにこだわる意味はあまりないと考えます。

ただひとつこだわるとすれば、最初から何も書かれていない、ややクリーム色がかった紙の束であるモレスキンを使うこと。これこそ僕がモレスキンを好む理由であり、自由に使える魅力そのものです。

また、第1部の冒頭と終わりに堀さんが繰り返し引用されたガブリエル・ガルシア=マルケスの言葉は、人生を物語として語るうえで、「生」の瞬間の大切さを感じさせてくれました。

人の生涯とは、人が何を生きたかよりも、何を記憶しているか、どのように記憶して語るかである。


先ほども述べたように、僕はスケッチで感覚的にモレスキンに記録しています。描くものに出会った瞬間の感覚に同じものはありませんし、あとで同じものを描くこともできません。

こうした一度きりの感覚を受け止めてくれるのがモレスキンなのでしょう。


記すは自分、語るはモレスキン。
以前にも増して、モレスキンに対する信頼が大きくなりました。

このあと行われた第2部のワークショップは、次の記事でご紹介させていただくことにします!

このブログの人気の投稿

土蔵づくりの街、高岡市の山町筋(やまちょうすじ)を散策したら、素敵カフェ でコンマしよう!COMMA,COFFEE STAND

このシルバー・ウィークにも、カフェでモレスキンタイムを楽しんできました。カフェも街並みも素敵な雰囲気があり、そして思わぬご縁がありました。



今回訪れた COMMA, COFFEE STAND さんは、富山県高岡市にある土蔵造りの街にあります。

このあたりは山町筋とも呼ばれ、明治時代に建てられた土蔵造りの家が多く、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

なんと COMMA, COFFEE STAND さんも、築100年以上の家屋を改築されたのだそうです。


店内に入ると、ラボ空間にも見える、渋くも暖かい雰囲気の厨房が目を引きます。



厨房の向かい側に目をやると、墨色の壁に菅笠(すげがさ)が掛けられており、夜空の月のように見えました。
こういう演出には日本ならではの美しさを感じます。



さて、今回訪れた目的は特製シュークリームを頂くこと。
注文を受けてからカスタードを詰めるそうで、おいしさの評判は以前から耳にしていました。

スイーツ好きの自分にとって食べずには、描かずにはいられないというもの。
即、スケッチ・スイッチONです。



すこし小ぶりのシュークリームは、さっくりと歯ざわりのよいシュー皮と、まろやかでほどよい甘みのカスタードが抜群のおいしさでした。
あとでわかりましたが、このカスタードはすべて地元食材で作られていたのです。


レシピを監修された菓子工房ルスルスさんは、東京で人気の菓子店だそう。こちらもいつかお伺いしたいものです。

菓子工房ルスルス www.rusurusu.com
今回、僕はスケッチの許可をいただくため、最初にスケッチ用モレスキンをお見せしました。すると驚いたことに、お店の方は僕のスケッチをご存知だったのです。

お話を伺うと、昨年僕がカフェ・ミクトさんでモレスキン・スケッチ展を開催したときにご覧頂いたとのこと。
まさか1年後に、こうしたご縁がわかるとは思いもしませんでした。

また、この日は COMMA,COFFEE STAND さんの開店1周年記念イベント当日でした。

僕はそのことを知らずに、しかもオープン時間前に着いてしまったのですが、快くお店に入れて頂けました。本当に感謝の念に堪えません。



お店の名前にあるCOMMA, は、こんな思いを込めて付けられたそうです。

街歩きを楽しむ人が少し立ち寄って、ひとやすみできる場所に。日常から少しだけ、離れた時…

【朝活】iPhoneとソーシャルメディアとビジョンボードで夢を実現しよう!に参加してきました

去る1月18日、久しぶりに朝活@富山に参加してきました。


【朝活】1月18日(日)「iPhoneとソーシャルメディアとビジョンボードで夢を実現しよう!!」



講師はソーシャルおじさんこと、徳本昌大さん。
今回は、徳本さんが考える「幸せになるためのルール」を3つのテーマで講演いただきました。



悪い習慣を良い習慣に置き換える 変化するには、古い習慣を新しい習慣に置き換えねばならない 徳本さんからご紹介頂いたのが、米国の作家 でありコラムニストのウィルハード・アラン・ピーターソンの言葉です。

かつてご自身も習慣の置き換えによって断酒を成し遂げ、自らの環境や立ち位置を一変させたとのこと。

人生を変える決心をしたとき、最初に意識されたのは「習慣」だったわけです。それ故か、徳本さんの熱量の高さを感じました。

ちなみに、徳本さんがオススメされていた習慣化アプリはこちらです。

ウィプル 習慣 - Weple Habit, To-Do
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

習慣を継続するには、いきなり劇的な変化を求めず、まず変化の芽を投じることから始める。小さくても新しい習慣を続けてみる。

これは僕の感覚でしかありませんが、そこから人生を変える可能性が実感できるのだと思います。


僕はGoogleのエンジニアであるマット・カッツ氏のTEDトークが好きで、何度も見ています。その名も「30日間チャレンジ」



彼はこのトークの中で、「小さな持続可能な変化であれば続けられる」と語っています。だから自分のやりたかったことを、試しに30日間やってみましょうと。

習慣化の小さなスタートを切ることが、変化の足がかりになるのです。



iPhoneとソーシャルメディアとブログでインプットとアウトプット 新しい習慣が身に付き始めると、時間の使い方や意識の持ち方に変化が現れます。やりたいことを実行するうえで、必要な情報を常に意識するようにもなります。

ここでのポイントを、徳本さんはこう仰っています。

今日探そうと思う情報を意識してネタを集める
無意識に、偶発的に情報に出会うのではなく、センシティブでいること。 日頃集めたネタをEvernoteにインプットし、蓄積させていくこと。
蓄積したネタをベースに、SNSやブログでアウトプットすること。

いずれの流れも作業の中心はiPhoneであり、スキマ時間は可能な限りiPhon…

【朝活】コボリジュンコさんの「100年日記」セミナーに参加しました!

11月8日、朝活@富山コボリジュンコさんのセミナーが開催されました。


【朝活】11月8日(日)1年後の毎日が変わる! あなたの夢を叶える「100年日記」セミナー






コボリさんは、名言や一口サイズの自分磨きヒントを紹介するブログ「名言コツコツ」の執筆のほか、メルマガ「コツコツのコツ」を毎週発行されています。

[名言コツコツ]自分磨きとライフハックのブログ






日記のとらえ方を変え、使い方を変える セミナーの冒頭で、コボリさんから参加者にこんな質問がありました。
「手帳を使っている人」で「日記を書いている人」に挙手してもらうというものです。

結果はたったの2人。
コボリさんも「今までのセミナーで一番少ないかも…」と驚きの様子でした。しかしこれは「日記のとらえ方」を変えるには意義深い結果だったといえます。



コボリさんは著書で、100年日記の意味を「人生全体をより素晴らしいものにするために長く使えるツール」としています。


1年後の毎日が変わる! あなたの夢を叶える「100年日記」
posted with ヨメレバ コボリジュンコ 大和出版 2015-04-16 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す
また、100年日記ができることとして次の3つを挙げています。
目標を達成する夢を叶える「なりたい自分」になる
日記は日々の出来事を記録し、思い出として振り返るだけでなく、この3つを実現するツールになることを体験する。これがセミナーの命題となっていたのです。


過去の自分を味方にして、未来の自分に贈り物を届ける では実際にどのような使い方をするのでしょうか。
ここでのキーワードに「記憶」「記録」「やりたいこと」「夢」が出てきます。

コボリさん自身、かつて仕事に有効な手帳術を知り、ハードワークをこなす日々を送りながらも心が満たされない時期があったそうです。

その原因は「やりたいことができていない」「叶えたい夢が見つからない」といったことに行き着くわけですが、やりたいことや夢を見つけ出すときに「過去の自分」にヒントを得ようとします。

ところが過去に抱いた興味や体験を思い出そうとしても、自分の記憶はほぼ当てになりません。セミナーでこれを実証する体験ワークがありました。


100年日記で実際に使う「ライフシート」というものがあり、ワークで過去の出来事を月別に書くことになりました…

モレスキンスケッチ再開。素敵カフェとフレンチトーストとの出会いが待っていた! Jack Rabbit Slim's

暫くカフェにも行けず悶々としていましたが、素敵なお店を発見し、久々にスケッチを楽しんできました。




カウンター越しに見えたエスプレッソマシン。 年代物の佇まいがあり、そのフォルムにすっかり惹かれました。 着色はせず、その場の雰囲気をラインで描き出しています。

うれしいことに、今回はスケッチ以外にも収穫がありました。 自分史上最高のフレンチトーストとの出会いです。




パンを卵液に一晩つけて焼くフレンチトーストで、ラム酒の風味がする味わいは格別でした。自家製アイスクリームも添えられ、食べている間は至福のひとときです。

どこか古きアメリカを感じさせるお店は、店内もゆったりとした雰囲気で、モレスキンと過ごすには抜群の環境でした。







モレスキンスケッチをいい形で再開できたのは何よりの幸せです。

こちらのカフェでは、いずれモレミを開催していきたいと考えています。
至福のフレンチトーストを添えて。


Jack Rabbit Slim's
営業時間 11:30 - 22:00
定休日  毎週火曜日、第2,4月曜日
TEL   076-493-4677


頼もしい代弁者になってくれるか?フォトブックというサービス

2013年11月、写真共有コミュニティサイトのFlickr(フリッカー)から、フォトブックサービスがリリースされました。

【Flickr Photo books】

Creator






当初は米国ユーザー限定サービスだったようですが、現在は日本でも利用できるようになっています。


フォトブックの作成方法はいたってシンプル。
作成の流れは、こちらの動画で見ることができます。



少し説明を加えますと、Flickrには投稿画像をカテゴリ分けする機能「Sets」があります。

手順は、フォトブックを作成する Sets の選択からスタートします。
僕の例でいくと、My Moleskine という Sets がありますので、こちらでシミュレーションしてみます。


次に、画面上の「Make a book」を選択します。




作成画面で「Storyboard」にすると、画像の選択や順番の入替ができます。




ありがたいことに、締めてお幾ら?まで分かります。
基本料金(20ページ)は34.95米ドル。以降、1ページ毎に50セントずつ加算されます。



完成したフォトブックは、5〜7営業日で発送されるようです。


僕のフォトブック出来上がりイメージがこちらです。
表紙はこんな感じに。



中身の見開きイメージです。




モレスキンはバリエーションで勝負 実はモレスキンには、Flickrよりも早く「Photobooks」というサービスがありました。モレスキンの場合は、Flickrよりもバリエーションが豊富なのです。

詳しくは、モレスキナリーのこちらの記事に掲載されています。

「Photo Book」「Photo Book Plus」「Photo Album」であなたの本をモレスキンに作ろう! | Moleskinerie





さらに最近、「Classics」というバリエーションも加わりました。
もちろん価格はFlickrと異なりますが、ほとんどがページ数の多い仕様となっています。僕がモレスキンで作成するとしたら、もっとスケッチが増えてからになるでしょう。


フォトブックに何をお願いするか いずれのサービスも、自分の作品をキレイに製本してくれる点で、感慨深いものがありますね。

ただ僕の場合、手元にスケッチの現物があります。
誰かに会うときは、当然モレスキンノートブックでお見せします。

フォトブックを作った場合、使い途としてはカフェなどに…